【国公立大学二次試験まであと○日】の記事一覧

2022年1月31日受験女子国公立大学二次試験

読了時間: 約135

元・再受験生にしかできないこと。

問題の解法や入試制度の詳細なら、本・先生・サイトなどから得られます。

しかし、試験当日までの過ごし方や、実際の試験会場であったらいいもの、注意事項などは、
現場を体験した人しかわかりません。

これまでがんばってきたことが、十分に活かせるようにするには、
試験直前の過ごし方や、当日試験会場でいかに快適に過ごすかにかかっています。

国公立大学二次試験(前期日程)まで、私の経験をちょっとずつ御紹介していきたいと思います。

ホテルは早めにおさえよう【国公立大学二次試験まであと25日】

アクセス方法はガッツリ調べろ!【国公立大学二次試験まであと24日】

5年分の過去問でペルソナを推定する【国公立大学二次試験まであと23日】

B4白紙におのれを解放せよ【国公立大学二次試験まであと22日】

試験会場に持ち込む紙は100枚以下にしよう!【国公立大学二次試験まであと11日】

試験会場には「見直しノート」だけを持ち込もう!【国公立大学二次試験まであと10日】

見直しノートの作り方【国公立大学二次試験まであと9日】

タンパク質重視の食事でエネルギッシュに!【国公立大学二次試験まであと8日】

不要不急の外出は避けて!【国公立大学二次試験まであと7日】

寒冷対策は周到に!【国公立大学二次試験まであと6日】

寒さを制して合格をつかめ!【国公立大学二次試験まであと5日】

ショッピング感覚で準備しよう!(その1)【国公立大学二次試験まであと4日】

ショッピング感覚で準備しよう!(その2)【国公立大学二次試験まであと3日】

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

2022年1月31日受験女子国公立大学二次試験

Posted by Lukia_74