数学検定準1級の二次検定の必需品。

2018年7月15日数学検定準1級数学, 数学検定, 数検準1級

読了時間: 約227

2018年7月22日実施の
第322回「実用数学技能検定(以下数検)」の受検にむけ、勉強していますが、
二次検定で電卓は必需品だな。と思った話を。

受検証には「電卓は任意」と書いてあります。

受検証には、【検定当日の持ち物】の記述欄があります。

受検証(写真貼付)、筆記用具、
2次のみ:ものさし・定規、コンパス、分度器、電卓のみ任意

【追記】
2018年9月検定以降、1級から5級は、分度器の持ち込み不可となりました。
協会ホームページには、ものさし・定規とコンパスに関しては、「必須」との記載があります。
詳しくは、個人受検の流れをご参照ください。

大学入試との比較

大学入試の場合は、センター試験は、コンパス・分度器、電卓はもちろん、ものさしも持ち込み不可です。
二次試験は、ものさしは持ち込み可でした。

よって、ふだんからフリーハンドでグラフを描く習慣がついているので、
二次試験の際も、一応持ち込んでいいと書いてあったから、ものさしを持っていきましたが、
ほとんど使いませんでした。

Left Caption

Lukia

わざわざ「持ってきてもいいよ。」と書いてあるから、どんな難しいグラフを描かされるのかと思いましたが、
実際には、\(\Large x\) 軸や \(\Large y\) 軸、微分の増減表をパパッと書くのに使える程度でした。

大学入試で道具を持ち込ませない理由

大学入試の場合は、問題数が多いので、計算はわりと簡単にしてあります。
ということは、ものさしやコンパスなどを持ち込み、正確な図を描けば、
正確な答えが出てしまったり、解答を導き出す助けになってしまうおそれがあるのです。
作図することによって答えを求めることを防ぐために、これらの道具を持ち込ませないのだろうと思います。

数学検定は小問の数が少ないぶん、計算がエグい。

数学検定は、大学入試とは違って、合格者数に制限がありません。
誰でも、得点が基準を超えれば合格となります。

合格者数も少ないよりは多いほうが、モチベーションアップにつながるでしょう。
将来的に、より上級の受検者を増やすためか、小問の数は少なめにしてありますが、
そのぶん計算がエグいです。

「電卓は任意」のことばを信じるとエライ目に遭うよ。

大学入試で数学を使った人は、大学入試のような感覚でいるとエライ目に遭います。
私も過去問を解くまでは、

Left Caption

Lukia

数学なのに、電卓を使うなんてとんでもない。
時間かかるかもしれないけど、手で計算できる範囲なんじゃない?

と思っていました。

とんでもないです。

エグッ!と思った問題を2例示しますので、判断してみてください。

例題1

$$\Large x=0.5 として f\left( x\right)=1-\frac{1}{2}x^2+\frac{1}{24}x^4 を計算し、\\ \Large 小数第5位を四捨五入して、小数第4位まで求めよ。$$

例題2

$$\Large \log_{10}2=0.3010  および、\log_{10}3=0.4771 とする。$$
$$\Large t=22\cdot \frac{\log_{10}12}{\log_{10}2} を計算し、\\ \Large 小数第1位を四捨五入して、整数で答えよ。$$

Left Caption

Lukia

いかがですか。
ゴリゴリ手で計算できなくもないですが、持ち込んでいいとあるのですから、
電卓を持ち込んで、さっさと計算してしまうほうが楽ではありませんか。

大学入試で数学Ⅲまで使った人は。

極論をいうと、大学入試で数学を使った人のほとんどは、
定規やコンパス類はいらないと思います。

まぁ、持って来いと書いてあるのですから、持っていきますが、
最悪忘れてもどうにかなると思っています。

しかし、電卓は必須です。
時間的な余裕の有無にかかわらず、こんな計算、手でしたくないです。

今回の受検では、エグい計算は、電卓に任せることで省エネし、
そのぶん、多くの問題を正解や完答に近づけるよう努力しようと思います。

カテゴリー

2018年7月15日数学検定準1級数学, 数学検定, 数検準1級

Posted by Lukia_74