手帳にも忍び寄るB5サイズの誘惑。【無印手帳の可能性をさぐる】

日々雑感ノート術

「手帳にも忍び寄るB5サイズの誘惑。【無印手帳の可能性をさぐる】」のアイキャッチ画像
読了時間: 約146

ふせん勉強法にはB5ノートがベスト

高校で非常勤講師をしていたころ、「ふせん勉強法」を試してみたら、メリハリがつくことが気に入り、応用範囲やふせんのバリエーションも増えました。
私はふせんの幅を7.5cmに統一しているので、
ふせんを貼るノートは、B5サイズがベストです。

手帳✕ふせんの正解はまだ見つからない

手帳にもふせんを貼りたいのですが、A5サイズと7.5cm幅のふせんの相性はよくありません。
それでも使いたいなら5cm幅にするとよいのですが、カッターで切る手間などかけたくない。
5cm幅のふせんを買い足す気もありません。

となると、ノートのサイズを大きくするしかありません。
実は2021年度版の手帳を買う際にも迷ったのですが、無印良品のマンスリー・ウィークリーノートには、B5サイズもあります。

しかし、悩みどころは、(B5サイズは)持ち運びには向かないサイズだということ。

Lukia_74

Lukia

B5サイズのスケジュール帳に「デスクダイアリー」という名前をつけている手帳メーカーもありますからね。航空母艦的な位置づけなので、機動性はないんですよね。

今なお続く「手帳サイズ問題」

私にとって、持ち運びやすさと、筆記スペースのバランスが最もよいのはB6サイズです。
A5は筆記スペースは広くなってよかったけれど、その分重量もかさむので、持ち運びやすさは低減したと思います。
A4サイズでも余裕で入る。という大きめのトートバッグを愛用していますが、かばんの中でかなりの存在感を発しているのが今の手帳です。(笑)

Lukia_74

Lukia

これがB5となったらどうなることやら。(汗)

2022年もA5サイズに

2022年1月21日金曜日に、無印良品の3月はじまりスケジュール帳を購入しました。
サイズは・・・
迷いに迷ったものの、今年もA5サイズにしました。

2021年4月からおよそ一年間は、「家にいて、自己研鑽の日々とする!」と決めて過ごしてきました。
この期間は仕事をしていないので、スケジュール帳を持って外出することがなくなり、
A5サイズながら、デスクダイアリー的な位置づけになっています。

Lukia_74

Lukia

だったら、ふせんが思いっきり貼れるB5サイズでもよくない?

とも思ったのですが、同時に(これは危険!)と思いました。
「自己研鑽」の日々を延長する言い訳にしてしまいそうだからです。

仕事に出ることにしたとき、B5サイズのデスクダイアリーでは、大きすぎて持ち運びにくい。
かといって、年の半ばで小さいサイズを書い直すのももったいないし、
小さいサイズを買い足したとしても、2冊使いするほどのライフスタイルではないし。

Lukia_74

Lukia

やっぱりB6とB5の間を取って、A5サイズだな〜。

お店の手帳コーナーで、5分から10分ぐらいは固まった状態で悩みましたが、
もう一年だけ、広い紙面とそこそこの携帯性があるA5サイズを使ってみることにしました。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日々雑感ノート術

Posted by Lukia_74