そうか。授業はプレゼンテーションだったのか!【高校非常勤講師奮闘記】

日々雑感高校非常勤講師奮闘記

『そうか。授業はプレゼンテーションだったのか!』のアイキャッチ画像
読了時間: 約25

授業≒プレゼンテーション?!

PowerPointは、プレゼンテーションソフトといわれます。

パソコンを長らく使ってきた私がPowerPointに手を出せずにいたのは、
この「プレゼンテーション」という言葉の意味のとらえかたが狭かったからかもしれません。

ウィキペディアによると、

プレゼンテーション(英: presentation)は、情報伝達手段の一種。聴衆に情報を提示して、理解を得るようにするための手段である。特に視覚情報が重視され、視覚情報伝達手段の一種と定義されている場合もある。日本語ではプレゼンと略称されることも多く、特に広告業界では早くから浸透している。

私のイメージするプレゼンテーションとは、
パリ〜っとしたスーツのビジネスマンが、
暗がりの中、白い光に照らされたスクリーンの前に立ち、
レーザーポインターなんて使いながら、
写真やグラフなどを多用しながら、自社の商品を売り込む。というものでした。
(でか〜い会議机に、ふかふか黒レザーの椅子に、恰幅のいいおじさまたちも並んでおります)
プレゼンをしている人のイラスト(男性)私は「商品を売り込む」業種ではないので、あまり関係ない。と思っていました。

しかし、「知識を植え込む」と置き換えれば、たしかに。
授業もプレゼンテーションの一環といえます。

さらにウィキペディアを読みすすめると、概要には、以下のようにも書いてありました。

作品、計画提案、研究成果、開発商品などの情報を、聴衆に対して発表し、伝達することの意味であるが、(中略)

プレゼンテーションの際は、実際に形のないものを簡潔かつ分かりやすく説明すること、そして情報を的確に伝える、資料(視聴覚、配布資料等)の準備、情報を適量平易に提供することが求められる。このため、図表や音声・映像のほか、実際に触れる試作品など、様々な情報提供が成されるのが一般的である。

簡潔かつ分かりやすく説明し、的確に伝える、図表や音声・映像などを使い、情報を適量平易に提供し、
定着させる

Lukia_74

Lukia

これ、授業じゃん。

もう、ここまでくると、「授業=プレゼンテーション」といっていいと思います。

活用すれば教育的効果は大きいのに、デジタル環境が整っていなかったこと、
そういう便利なものがあるのに知らなかったため、板書で事足りるようにしてきたことで、PowerPointの活用方法を考えることもなく、今まで来てしまったように思います。
私の来し方はこんなところですが、

学校の方は、一限あたりを45分と設定していたため、効率よく授業するためにはICT教育の充実が欠かせなかったのだろうと思います。
(今さらながら、学校の意図は読み取れる)

少しやさぐれます

ここからはちょっと愚痴です。(笑)

小テストが数種類あったので、テストの実施、採点済みの答案用紙の返却や正解を板書する(やり直しさせるため)ことに時間が取られ、授業時間は実質30分を切りました。

そこへきて、生徒と教える側との歯車が噛み合うまでには、時間もかかります。
前任者と生徒との関係によっても、この問題は大きい。
(途中交代すると、後任者は前任者の何倍もエネルギーをかけなければなりません)

生徒との人間関係構築は、PowerPointではどうしようもないところですが、
効率よく授業時間を使うという点においては、PowerPointは大いに助けてくれました。

高校非常勤講師奮闘記の記事一覧

ほかにも細々書いています。よかったら御覧ください。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日々雑感高校非常勤講師奮闘記

Posted by Lukia_74