「先生モード」になれる服を買いまくる

2021年1月13日日々雑感高校非常勤講師奮闘記

「「先生モード」になれる服を買いまくる」のアイキャッチ画像
読了時間: 約115


「教える」現場に戻ることになり、まず困ったのが、服装でした。

やっぱり「先生」らしく見える服って大事ですよね。
自分としては結構高価な服を買い漁りました。(笑)

おしゃれなんか目指しません。そもそもそんなセンスありませんから。
生徒から、「あの先生は、こういう感じ。」と記号化されてしまえばしめたものです。

とにかく、機能性があり、汚れが目立ちにくく、洗濯しやすい。
それでいて、カチッとして見えればいいのです。
「先生」モードになれる服を買い、それを「制服」化することにしました。

あとは、「授業に集中できる」ことも大事な条件でした。
言い換えるなら、着ていて恥ずかしくない服でしょうか。

いったん記号化してしまえば、他人は「私の服装」など気にしていないのでしょうが、
自分だけはいつまでも気にしてしまいます。
誰にするわけでもない言い訳を脳内でぐるぐるさせるのは嫌なのと、
値段と品質はある程度比例すると思っているので、
ファストファッションで過ごしてきた自分にしては、高価な服を買うようになりました。

ちょうど服を買う時期、職場の後輩とファストファッションのアイテムがかぶることがあった中年女性の経験談をネット記事で読みました。

機能的でコスパがいいから。という理由で、その女性はファストファッションを利用していましたが、
後輩は、そのようには受け止めていないように感じたとのことでした。
後輩は口にはしませんでしたが、「20年近く勤めても、○○の服しか買えない職場なんだ。。。」とがっかりしているように見えたそうです。

後輩には、彼女がどういう理由でファストファッションを利用しているのか。を考える想像力を求めたいですが、
しかし、いつの間にか「中堅」と呼ばれる年代になった私たちには、若い人たちが将来に希望を持てるロールモデルとしての役割も求められているんだなぁ。と思った記事でした。

ひとまず、「先生」である半年が過ごせる服は調ったので、
現在は「仕事」に集中できていると思います。(笑)

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

2021年1月13日日々雑感高校非常勤講師奮闘記

Posted by Lukia_74