恋人に会えそうな兆しを詠む。

古典文法

読了時間: 約445

蜘蛛自体は苦手なのだが。

この歌は、ロマンチックで大好きだ。
今回も一部だけ品詞分解をしてみようと思う。

歌や作者について

この記事を書くため、久々にネット検索をかけてみると、この歌に関する記事がたくさん出てきた。
どうやら、有名な歌らしい。
みなさん、それぞれに知識が豊富なんだなぁ。と、感心させられた。

以下は、その記事を読んで簡単にまとめたものである。
詳しい内容は、元記事のリンクから参照していただきたい。

出典は『古今和歌集』

古今和歌集こきんわかしゅう』は、我が国初の勅撰ちょくせん和歌集である。
「勅」の字は、「天皇の御命令による」という意味がある。
古今和歌集は、醍醐だいご天皇の命により、当時の代表的歌人、紀友則きのとものり紀貫之きのつらゆき凡河内躬恒おおしこうちのみつね壬生忠岑みぶのただみねの四人が撰者となり、作られた。

勅撰和歌集を覚えるゴロ

高校時代に習った勅撰和歌集(八代集はちだいしゅう)を覚えるゴロをいまだに覚えている。

勅撰集は平安時代から室町時代にかけて21種類作られている。
そのうち、古今和歌集から新古今和歌集までを「八代集」と呼ぶ。

上のゴロに赤字で書いてあるのが、それぞれの和歌集の名前である。
スペースや見た目の関係で、ルビを打てなかったので、以下にそれを示しておきたいと思う。

  1. 古今和歌集(こきんわかしゅう)
  2. 後撰和歌集(ごせんわかしゅう)
  3. 拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)
  4. 後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)
  5. 金葉和歌集(きんようわかしゅう)
  6. 詞花和歌集(しかわかしゅう)
  7. 千載和歌集(せんざいわかしゅう)
  8. 新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)

作者について。

作者は、衣通姫そとおりひめである。
変わった名前なのだが、この由来がすごい。
文字通り、何かが衣を通る姫なのだが、その何かとは。

実は、「美しさ」なのである。

衣を通り抜けるほどの美のオーラを持ち合わせているなんて、どんだけ美しいんだ。
美容家IKKOさんが人差し指を振りまくることだろう。(笑)

美しいゆえの名前であるということは知っていたのだが、
それ以上のことは知らなかった。
衣通姫は、その美しさゆえ、不幸にもみまわれたのである。

そもそも同性との関係というのは、難しいものだが、
殊、きょうだいとなると、さらに複雑さを増す。

彼女は、第19代允恭いんぎょう天皇の寵妃、または皇女といわれている。
天皇は美しい彼女を愛した。そしてとうとう、衣通姫は、天皇の正妻であり、自身の実の姉でもある皇后に嫉妬されてしまうのだ。

そりゃ~、お姉ちゃんはおもしろくなかろう。
「私が皇后なのに!」
「あの子は妹なのに!」
身分としても、遺伝子レベルでも、お姉ちゃんは天皇の寵愛を受けてしかるべきなのに、
天皇は、妹ばっかり愛しているのである。

そこで、允恭天皇も策をお立てになった。
衣通姫を皇居とは別の場所に住まわせて、皇后からお隠しになったのである。

Left Caption

Lukia

それで、「我が背子が来べき宵なり」なのか~。

天皇が皇居から別の場所にいらっしゃることは、そうたやすくはない。
また、ひんぱんに訪れることもかなわないだろう。

当時の恋愛は、夜になって、男性が女性のもとをたずねていき、夜が明ける前に帰っていく。というのがルールであったということは知っていたので、
「今晩は彼が来てくれるんだわ。」と心待ちにしている歌だとは思っていたが、
このような背景があったとすると、衣通姫が天皇を待つ気持ちは、かなり切実なものだったろう。

衣通姫について、さらに詳しく知りたい方はは、以下の記事を御参照アレ♪

歌の意味

歌の意味は、およそ次のとおりである。
今宵は、私のいとしい人が訪ねてきてくれそうだ。だって、蜘蛛が活発に糸をかけているんですもの。

「ささがに(の)」について。

旺文社古語辞典によると、

ささがに【細蟹】(名)蜘蛛くもの異称。小さなかにに似ていることからいう。また、蜘蛛の糸。蜘蛛の巣。「浅茅あさぢが露にかかる――」〈源・賢木さかき

ささがにの【細蟹の】⦅枕詞⦆「くも」「いと」「い」、またそれらと同音ではじまる語にかかる。(以下略)

ささがねの⦅枕詞⦆「蜘蛛」にかかる。(中略)参考 「ささがねの」は「小竹ささが根の」と解して枕詞ととらない説もある。

とあった。

ちなみに、「ささがに」が、「笹が根(ささがね)」から転じた語であることは、下記の記事にも書いてある。

古語辞典によると、蜘蛛が小さな蟹に似ていることから、「細蟹」となったとあるが、
上記の「浮寝帖」の記事によると、「笹が根(ささがネ)」が、音が似ている「細蟹(ささがニ)」と間違われ、以後蜘蛛を指す言葉として定着したと考えられているという。

さっすが、古語辞典。

今回、あらためて古語辞典でも調べてみたら、「ささがねの」についても記載があった。
もともと、この歌は、『日本書紀』の『允恭紀いんぎょうき』に載っていた。

古今和歌集に載っている歌と比べると、違いがある。

つまり、「ささがねの」とあれば、上代の頃に衣通姫が詠んだ歌で、
「ささがにの」とあれば、平安時代以降に詠みなおされた歌とわかる。

Left Caption

Lukia

ま、ここらへんの違いは、この歌に思い入れのない人には、
結構どうでもいいことなんでしょうけどね。

「来べき宵なり」を品詞分解。


「来べき宵なり」は、上の画像にもあるとおり、「来」「べき」「宵」「なり」と四つに分けられる。
上下の関係を見ながら、品詞分解していこう。

「来」

「来」は、現代語なら「来る」である。
これはカ行変格活用という特別な活用である。
古語でも、同じく「カ行変格活用」であることは間違いないのだが、
さて、この活用形はなんだろうか。また、なんと読めばよいのだろうか。

それを考えるには、直下にある「べき」が何形に接続するのかがわかればよい。
「べき」は、助動詞「べし」が活用された形であり、「べし」は終止形接続(が上に)の助動詞である。

ゆえに、「来」は終止形である。
カ行変格活用の活用を示すと以下のようになる。

終止形は、「く」と読む。
ゆえに、「来べき」は、「くべき」と読むことがわかる。

「べき」(宵)

「べき」は、助動詞「べし」が活用された形である。
今回は、活用形が何かだけを考えてみよう。

そのためには、直下の「宵」との関係を考える必要がある。

「宵」は名詞、すなわち体言である。
下に(連)体言がくることから、「べき」は、「連体形」である。

(宵)「なり」(。)

では、最後の「なり」について考えてみよう。

「なり」の識別は、古典文法でも頻出の問題である。
詳しいことは、別の記事であらためるとして、今回は、直下と直上の関係から絞り込んでいこう。

まず、歌の意訳を参考にすると、この歌は、「我が背子が来べき宵なり」と「ささがにの蜘蛛のふるまひかねてしるしも」と二つに分ける(区切る)ことができる。
つまり、無理やりだが、「来べき宵なり。」と句点(。)をつけることができるのだ。

句点(。)をつけられるということは、「なり」が「終止形」であることがわかる。
ここで、動詞の「なる」の活用形の可能性は消える。

また、直上の「宵」との関係をみていくと、
上に名詞、すなわち体言があるので、連体形(または体言)接続の助動詞とわかる。

助動詞「なり」には、伝聞推定を表す「なり」と断定を表す「なり」がある。
それでは、この「なり」はどちらの「なり」なのか。

Left Caption

Lukia

なりなり言って、コロ助みたいナリ~♪

伝聞推定の「なり」は、終止形接続であり、連体形(または体言)には接続しない。
ゆえに、この「なり」は、断定(~だ・~である)の意味を表す「なり」である。

まとめ

Left Caption

Lukia

この品詞分解シリーズ、なかなか時間をくいます。
もっと速く仕上げられるようになるといいのですが・・・

カテゴリー

古典文法

Posted by Lukia_74