ふせんノートの実践例【機動性の高いふせんノートを作る】

日々雑感100円ショップ,ふせんノート,ノート術

『ふせんノートの実践例』のアイキャッチ画像
読了時間: 約213

B5ノートと7.5cm四方のふせんでふせんノートを作ってきましたが、使う場所やタイミングが限られるという問題がありました。

今回は、B6ノートと2.5cm✕7.5cmのふせんで、携帯性と機動性の高いふせんノートづくりに挑みます。

機動性
(読み)きどう-せい
〘名〙 状況に応じてすばやく活動できる能力のあるさま。
精選版 日本国語大辞典

今回は、ふせんノートの実践例について書いてみます。

「コルチゾール」についてまとめた

副腎皮質から出るホルモン、「コルチゾール」のことが長らく気になっていたのですが、ふせんノートのおかげで一気に勉強できました。
コルチゾールは、炭水化物や脂肪、タンパク質の代謝をコントロールするため、人体には欠かせないホルモンです。
また、ストレスを受けたときにも分泌されるので、「ストレスホルモン」ともいわれます。
ストレスに対抗するために体の機能をあちこち増強するのですが、過剰なストレスにさらされ続けると、体内のコルチゾールレベルが上がってしまいます。
「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざもあるように、ホルモン分泌の「ネガティブフィードバック機能」が壊れてしまいます。あるホルモンの放出が、次のホルモンの分泌を促したり、前のホルモンの分泌を抑制したりします。これが「ネガティブフィードバック機能」です。コルチゾールも分泌量が適切なときには、「ネガティブフィードバック機能」が働いて、前のホルモンの分泌を抑制するので、結果的にコルチゾールも分泌量が減ることになります。しかし、過剰なストレスにさらされて、コルチゾールレベルがあがってしまうと、このフィードバック機能が壊れてしまい、コルチゾールの分泌そのものができなくなってしまいます。
かなり端折っていますが、こういう状態を、「副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)」といいます。

過剰なストレスは、精神疾患や生活習慣病などの一因となるわけです。
こうなってくると、ストレスを単に精神的な問題と考えてしまうのは危険で、肉体的な問題と考えるほうがよいようです。

以上のようなことを、まずは複数の記事を読み、ポイントだと思った部分をふせんに書き抜きました。
さらに、記事毎にテーマを抽出し、小見出しとして書き出しておきます。
その上で、複数の記事に含まれる共通部分をまとめたり、ポイントを組み合わせたりして、「副腎疲労」についてコンパクトに理解できるようにしました。
最後に、理解しやすくなるように、並び替えて清書をしました。

これまでは、コルチゾールについて知るために、複数の記事を読まねばなりませんでしたが、ふせんノートを使って共通部分を抜き出したり、時間が経ってから見返しても、内容を理解しやすいように並び替えたりしたことで、自分が知識を欲したタイミングで読み返せるようになりました。

「ふせんノート」シリーズを記事化するために

この「ふせんノート」シリーズを記事化する際にもふせんノートを使いました。
まずは、思いつくまま書いておきます。
次に、タイトルを書いたふせんを作り、思いついたまま書いたふせんをタイトルふせんの下に貼り替え、さらに並び替えました。

ふせんノートにも限界があった

ふせんノートは、私の生活において必要があれば、なんにでも使えるので、万能だ!これ一冊あれば、なんでもできる!と思っていました。
そんなわけで、読書時も、中田敦彦さんのYouTube大学の本を紹介する動画を見るときも、ふせんノートをバシバシ使っていました。
しかし、ふせんノートがなんでもできるがゆえの問題が生じてしまったのです。

レモンのライン
次回は、「ふせん格納専用ノート」についてご紹介しますね。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー