板書は1行13字がベスト!【高校非常勤講師奮闘記】

日々雑感高校非常勤講師奮闘記

『板書は1行13字がベスト!』のアイキャッチ画像
読了時間: 約114

最近、広島県の公立高校入試の問題を集めたのですが、
国語の解答用紙を見て驚きました。
横書きなんですね。

縦書きの文章や問題を読んで、横書きで答えるって、脳になかなかの負荷を与えると思うんですが…
そのうち国語の教科書も横書きになっちゃうんでしょうか。
そんな教科書、ちょっとこわいですけどね。

レモンのライン
授業していて、ある日、ふと気になることがありました。

Lukia_74

Lukia

生徒が見やすく、教師が書きやすい板書にするには、
一行あたり何文字が最適なんだろう。

ちなみに、私が書きやすかったのは13字/行 でした。
シャープペンシルやボールペンだと、字が大きくなってしまうのが悩みの私ですが、
黒板はまったく問題なし。サイズ感に悩むことなく、心地よく書くことができます。
(つまり、私の字は黒板サイズってことですね)

板書は生徒のためのものであって、自己満足するようではいけないので、
板書しておいて、教室の後ろに移動し、生徒の目線で眺めてみたり、
生徒にも「読める?」「見える?」と確認してみました。
生徒からも大丈夫といわれました。

ちなみに、一瞥して、脳がいっぺんに認識できる最大の文字数も13字なんだとか。
だから、ヤフーニュースのみだしは、13字(未満?)になるようにするという決まりがあるそうです。

レモンのライン
「板書は13字/行で行う。」というルールを設定すると、
板書計画もしやすくなります。

板書計画のノートも13字/行で作るようにしておけば、そのまま書くことができますし、
パワーポイントのスライドで板書をつくるとき、ついつい1行あたりの文字に対する意識が薄れがちになりますが、
13字/行で作れば、後ろの生徒もちゃんと見ることができるスライドを作ることができます。

ちなみに、私の板書計画ノートは、B5サイズの200字帳でした。
13マスで線を引き、上に板書、下に生徒に伝えたいポイントなどを書いたりしていました。

高校非常勤講師奮闘記の記事一覧

ほかにも細々書いています。よかったら御覧ください。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日々雑感高校非常勤講師奮闘記

Posted by Lukia_74