文語の上一段(見る)【お嬢さんたち、それは上一段活用じゃない!】

古典文法

『文語の上一段(見る)』のアイキャッチ画像
読了時間: 約329

「動詞の活用」は古典読解の基礎中の基礎

大学受験で、古典(古文・漢文)は使えるほうが有利です。
私は、古典(古文・漢文)は理系にこそ向いていると思っているぐらいです。
そして、古典(古文・漢文)を武器にしたいなら、まずは動詞の活用を徹底的にマスターすることです。

動詞の活用は、古典読解の基礎中の基礎だからです。

以下の図は、2022年6月現在の私が考える古文のプランブロックです。
2022年6月現在のわたしが考える古文のプランブロック古典は、主に約1200年前の日本語を扱っています。
言語体系が全く違う英語ほどの苦労はありませんが、
長い年月を経るうちに生じた現代日本語との文法や単語の違いを埋めていく必要があります。

古典読解には、文法的知識と単語の知識が必要となりますが、
文法に関しては、「動詞の活用」を習得しておくことが不可欠です。
というのも、助動詞の活用は、この動詞の活用を応用すればよいからです。

逆に「動詞の活用」ができていないと、
いつまで経っても、古典が合格可能性を高める武器にはならないということです。

文法は、規則性・法則性がありますから、理系にはもってこいだと思います。
短期集中でマスターしてしまえば、かなりコスパがいいのが古典分野です。

Lukia_74

Lukia

理系なら論理的思考が得意そうなので、現代文もイケそうなんですが、
実際は、なかなかそうもいかないんですよね。

レモンのライン この【お嬢さんたち、それは上一段活用じゃない!】シリーズでは、
口語文法(現代日本語)の五段活用、上一段活用と
文語文法(古代日本語)の四段活用、上一段活用、上二段活用に限定して活用を展開し、
口語と文語での違いなどをみていきます。

Lukia_74

Lukia

文語文法における動詞の活用は9種類ありますが、このシリーズで活用の仕方をマスターすれば、あとは御自分でも理解できるはずです。

「見る」を活用してみる

「ズ・テ・。・トキ・バ・!」をつけて、「見る」を活用してみましょう。
み・ズ
み・テ
みる・。
みる・トキ
みれ・バ
みよ・!

活用表で確認しよう

以下の活用表にまとめています。

ちなみに、語幹は「み」となります。
(習ったばかりの定期テストで聞かれる程度だろうと思いますが)

活用は、
「い・い・いる・いる・いれ・いよ」で覚えます。

Lukia_74

Lukia

語幹よりも、この「い・い・いる・いる・いれ・いよ」を何度も繰り返して覚えてくださいね!

なぜ「上一段」活用なのか。

活用は、「い・い・いる・いる・いれ・いよ」となっていますね。
語幹の直下がすべてイ段です。

ウ段を中心として、中央ウ段の一段上であるイ段だけが活用に用いられているので、
上一段活用と呼ばれると解釈してください。

「上一段」活用動詞はこれだけ!

「上」のつく活用は、文語の動詞の場合、「上一段活用」と「上二段活用」の2種類があります。
「上二段活用」は、四段活用同様に結構な数があるのですが、
「上一段活用」は、以下のルールにあてはまる動詞だけに限られています。

それは・・・

「ひ・い・き・に・み・ゐ-る」です。

活用形を特定してみよう

それでは、今回は「見る」だけに限定して、百人一首から「見る」を含む歌を出してみます。

まだふみも「見ず」

「見-ず」は、「見る」と助動詞の「ず」に分かれます。
「見る」は上一段活用なのはいいですね。
そして、「み・み・みる・みる・みれ・みよ」とマ行のイ段である「み」ばっかりで活用しているので、
特に「マ行上一段活用」といいます。
そして、「ず」は、「ズ・テ・。・トキ・バ・!」の「ズ」です。
だから、活用形は「未然形」となります。

有明の月と「見る」までに


「見る-までに」は「見る」と「まで」「に」に分かれます。
「見る」は、もう「マ行上一段活用」であることは問題ないですね。
では、活用形は?ということですが、見分けるのに便利な「ズ・テ・。・トキ・バ・!」に「まで」は含まれていません。
じゃ、お手上げか。というとそんなこともなく。

私達は、現代でも限度や範囲などを表す「まで」を使っていますよね。
「明日までに」って、ちょっと苦しいけれど、「明日(というトキ)までに」と解釈しても問題ないですよね。
これを応用して、「見るまでに」も、「見る(トキ)までに」と解釈します。
「トキ」なら、「ズ・テ・。・トキ・バ・!」に含まれていますね。
つまり、この「見る」は、連体形ということになります。

うち出でて見れば

「見れ-ば」は「見る」と「ば」に分けることができます。
「見る」は「マ行上一段活用」でいいですね。
「ば」は、「ズ・テ・。・トキ・バ・!」の「バ」です。
つまり、「見れ」は已然形ということになります。

これは、上一段活用かな?

最後に力試しです。
「見え」は上一段活用でしょうか?

正解は、「上一段活用ではありません」。
「見え-し」を分解すると、「見え」と「し」になるのですが、
「見え」の終止形は、「見る」になるでしょうか。

「見える」になるんじゃない?
と思った方、ナイスです。

上一段活用なら、「み・み・みる・みる・みれ・みよ」なのに、「みえ」なんてないぞ!
と活用形から判断した方はもっとナイスです!

実は、この「見え」は、現代語の「見える」につながる動詞です。
「見える」を「mi-ye-ru」(古典の「い」や「え」はヤ行になると考えてください)とローマ字変換し、
そこから、「e-r」を取ります。 すると、「mi-yu」(見ゆ)となりますね。
「見え」の正体は、ヤ行下二段活用動詞でした。(ちなみに活用形は連用形です)

単純に「見」の漢字があるから「上一段活用」!なんて判断しちゃうとこういう問題に引っかかってしまうことがありますので、気をつけてください。

お嬢さんたち、それは上一段活用じゃない!の記事一覧

 

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

古典文法

Posted by Lukia_74