もう失敗しない! 「片付け」にも戦略・戦術が必要です

日々雑感

読了時間: 約153
Lukia_74
Lukia
仕事を終えたので、物欲も落ち着いたと思ったら、雑貨屋さんで、ガラス製の鯉の置物にひとめぼれし、買っちゃいました。全然落ち着いてないやん、私の物欲。(汗)
計画を立てたのに、立てたそばから想定外のことが起きて、いつのまにか計画そのものが自然消滅してしまった経験はありませんか。
それは、事前準備の周到さに欠けていたことが原因です。
鈴木博毅さんの『「超」入門 失敗の本質』を読んだことで、
不都合な事実に向き合うことや、臨機応変に戦術を立てることの大切さを学びました。レモンのライン

『失敗の本質』三昧だった2021年4月

2021年4月の私のキーワードは『失敗の本質』でした。
『「超」入門 失敗の本質』から知識欲があれこれ派生してしまい、家の片付けがほとんど進みませんでした

今後の人生に必要なのは「戦略・戦術」

鈴木博毅さんが山本五十六に関するオンラインセミナーを行うというのがきっかけで、『「超」入門 失敗の本質』を読むことにしました。

ところが、途中から(今後、私の人生には、戦略と戦術が必要なのでは?)と思うようになり、

そこからいわゆる『失敗の本質』関連本を読み漁ることになりました。

そして、そのぶん、家のお片付けに充てる時間は少なくなり、遅々として進まないという「失敗」を引き起こしました。

Lukia_74
Lukia
ちなみに、山本五十六よりも山口多聞に惹かれるようになってしまいました。(笑)

ものごとの完遂・成功は事前準備の周到さに比例する

ひと月で家の片付けをすべて終わらせる予定だったのに、なぜ失敗したのか。

それは、ひとえに「計画がざっくりしすぎていたから」です。

「家を片付けたい」という欲求は非常勤講師を務めていたときからあったものですが、
日々気忙しかったせいか、

「勉強に集中できる環境づくりのため、家を片付けたいなぁ。」という単なる欲求レベルの計画で終わっていました。

本来は、部屋をつぶさに見て問題点や不満を洗い出し、細かくタスクに落とし込むべきだったのです。

この場合、戦略は立っていたけれど、
戦術を策定する時間的・精神的(なんなら体力的も)余裕がなかったことが計画倒れの原因でした。

また、2012年に行ったような「ほぼ全捨て」という片付けではないし、あまりリバウンドもしていないのに、時間だけ十分にとったことで、無為に過ごす状態を招きました。

とはいえ、私の持ち物に関しては、紙(本やノートなど)のリバウンドが起きていたので、
それを片付けるところから始めないといけません。

片付けの質が変わっていたのに、以前大々的に行った片付けと同じようにやろうとしたのも「失敗」でした。

人生の「軍師」をめざす

こうしてみると、4月の私は、『失敗の本質』に描かれている日本軍そのものですね。(反省)
戦略・戦術を立てられる「策士・軍師」修行はまだまだ始まったばかり。
柔軟な発想力のある臨機応変な「策士・軍師」になるべく、自己研鑽に励みます。

ちなみに、家の片付けも2021年中に完了。というゆるい計画に変えました。

5月は、いよいよお待ちかねの勉強三昧・ブログ更新三昧の日々を過ごし、気分転換や急に気分が乗ったときに片付けを行う予定です。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日々雑感

Posted by Lukia_74