Luxeritas(ルクセリタス)3.0.0にアップデートしてみた。

2018年5月22日日々雑感, 日進月歩Luxeritas(ルクセリタス), Word Press(ワードプレス), そうだったのか!, 鋭意制作中。

読了時間: 約338

最新のバージョンアップの記事はいかがですか。

lemon_border

テーマとしてお世話になっているLuxeritas(ルクセリタス)。
リリース情報を読んで、是非ともアップデートを!と思いました。
しか~し!ワードプレス初心者には、まだまだアップデートは難しい。
備忘録がてら、手順を書いておきたいと思います。

Luxeritas(ルクセリタス)3.0.0にアップデート

2015年5月17日、バージョン3.0.0がリリースされるとの情報を得ました。(ダウンロードは、21日から?)

私が惹かれたのは、「吹き出し機能」。

もともと、プラグインなしで吹き出しを作る方法を取ってきたけれど、Luxeritas(ルクセリタス)自体にあるなら、その方が楽かも。と思い、是非アップデートしたいと思うようになりました。

ほかの機能も、いろいろ便利そうです。勉強しなきゃ。

方法に悩む。

そして、ダウンロードしてみました。

ダウンロードページに、アップデート方法の参考になりそうな記事があるものの、いまひとつピンとこない。

Left Caption

Lukia

ええっ、注意が必要?(汗)

今、じっくり読んでみれば、「やるぞう.net」さんに手順書いてありますね。

まぁ、やってみないと、これが手順かどうかもわからない状態だったので、それはそれでいいか。(しかたない。)

ほかにももう一つ別の方の記事を読んで、「アップデート用テーマ」を使う。という方法を知ったのですが、その記事を探せない状態です。(記事主さん、ごめんなさい。)

手順をまとめておく。

自分も含め、ワードプレス初心者にとって、外部テーマのアップデートはなかなか難しいことだと思います。

次のアップデートに備えて、自分なりの手順を書き残しておこうと思います。

バックアップを取れるだけ取る


バージョンが2.x.x の場合(私は、2.5.4でした。)
WordPress(ワードプレス)ダッシュボード > Luxeritas(ルクセリタス)> カスタマイズバックアップ

バージョンが、3.x.x の場合(私は、今回から)

WordPress(ワードプレス)ダッシュボード > Luxeritas(ルクセリタス) > 管理機能バックアップ

と進んで、「バックアップ」タブから、バックアップが取れるものは、すべて取っておきます。

パソコンで操作していたら、パソコンに保存されます。

※ スタイルシートは、保存されませんので、別途メモ帳などでコピーを取っておくとよいと思います。

(親)テーマ(本体)と子テーマをダウンロード

このへんの手順は、少し前後してもいいと思いますが、

https://thk.kanzae.net/wp/dl/ から、
テーマをダウンロードします。

この際、気をつけないといけないのは、
(親)テーマ(本体)と、子テーマの両方をダウンロードすること。

いつも子テーマでカスタマイズを行うので、
子テーマだけダウンロードしたのですが、うまくいきませんでした。

親あっての子テーマなので、
両方ダウンロードするのをお忘れなく!

ちなみに、パソコンでダウンロードすると、解凍するためにフォルダが立ち上がったりしますが、zipファイルのまま、アップロードできるので、特に必要ないです。

Luxeritas(ルクセリタス)アップデート用テーマをダウンロード

(親)テーマをすんなりアップデートさせるため、

Luxeritas アップデート用テーマ より、

アップデート用テーマをダウンロードします。

これは、(親)テーマ(本体)専用であり、子テーマでは使えませんので、御注意を。

(読んでもよく理解できず、「げっ、アップデートできない。(汗)」となったクチです。)

アップデート用テーマを有効化

WordPress(ワードプレス)ダッシュボード > 外観 > テーマ > 新規追加

で、まずは、「アップデート用テーマ」をアップロードします。

「有効化」をクリックして、まさに有効化します。

こうすると、外部には、メンテナンス中。というような表示がされるようです。

(親)テーマ(本体)をアップロード

(親)テーマ(本体)をアップロードします。

今回だと、本体が3.0.1、子テーマが、3.0.0となっています。

zipファイルでは、301と、300という数字があてられていたように記憶しています。

順番を間違えないようにしてください。

(親)テーマ(本体)をアップロードすれば、自動的に更新され、アップデート用テーマの有効化は解除されます。

現在の子テーマを削除して、新たにアップロード

子テーマもアップロードすれば、上書きされるのかと思ったのですが、今回はうまくいきませんでした。

WordPress(ワードプレス)ダッシュボード > 外観 > テーマ

と進み、古い子テーマを削除します。

そして、新たな子テーマをアップロードします。

子テーマを有効化

子テーマを有効化しないと、カスタマイズはできないので、

必ず有効化するようにします。

Luxeritas(ルクセリタス)「管理機能」内で、バックアップを復元

WordPress(ワードプレス)ダッシュボード > Luxeritas(ルクセリタス) > 管理機能 > バックアップ

「バックアップ」タブには、「復元」というボタンがありますので、そこをクリックして、バックアップしておいたデータを指定します。

Left Caption

Lukia

こうやって改めて書いてみると、結構大変ですよね。
Luxeritas(ルクセリタス)は、わりと頻繁にアップデートしてくれるようなので、新しい機能追加にワクワクしながら、これら一連の作業に慣れていきたいと思います。

カテゴリー