ページ番号表示は「セクション区切り」で切り替える【中綴じ印刷、やってみた。】

日進月歩

「中綴じ印刷、やってみた。」その3のアイキャッチ画像
読了時間: 約122

すべてのページに「ページ番号」はいらない!

今、「練習」ファイルは、空白ページ3、本文ページ11、空白ページ2の合計16ページで構成されています。

しかし、このまま何もせずに「ページ番号」をつける操作をすると、
表紙や奥付にもページ番号が表示されるというかっこ悪い事態に陥ってしまいます。

そこで、「セクション」を3つに分け、本文のある「セクション2」にだけページ番号をつける。という操作を行います。

「セクション区切り」をする

本文前の空白ページ3の一番最後(改行マーク)にカーソルを合わせます。
















「レイアウト」タブ>ページ設定内にある「区切り」ボタン>「次のページから開始」をクリックします。
これで、「百人一首」以下は「セクション2」になります。



























「セクション2」の「前と同じヘッダー/フッター」を解除

「挿入」タブ>「フッター」>「フッターの編集」と進み、

「百人一首」の開始ページのフッター(下の余白に文字を入れられるところ)をクリックします。











「前と同じヘッダー/フッター」というところが黒っぽくなっています。
現在、セクションを分けたけれど、前のフッターと同じ設定でよい。という状況になっているので、
このボタンをクリックして、「前と同じヘッダー/フッター」を「解除」します。








Lukia_74
Lukia
この操作を行わずにページ番号を設定してしまうと、16ページすべてにページ番号が振られてしまいます。ひとまず、今の操作で、セクション1にあたる空白3ページは、ページ番号が振られないようになります。

「セクション2」にページ番号を挿入する

「挿入」タブ>「ページ番号」>「ページ番号の書式設定」に進みます。















「ページ番号の書式」ウィンドウにて、
「連続番号」で「開始番号」を選び、「1」に設定します。

















Lukia_74
Lukia
連続番号を「前のセクションから継続」としてしまうと、本文前の空白3ページも数えてしまいます。「セクション」に分けた意味がなくなってしまいますので、注意してください。
「挿入」タブ>「ページ番号」>「ページの下部」>中央などでページ番号を挿入します。

本文後の空白2ページを「セクション3」にしよう

それでは、おさらいがてら、枕草子の後の空白2ページを「セクション3」とし、
ページ番号を削除してみてください。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日進月歩

Posted by Lukia_74