入会手続きのあれこれ【エネオスカーシェアリング体験記】

日進月歩

『入会手続きのあれこれ』のアイキャッチ画像
読了時間: 約240

昨年、自家用車を手放したので、遠出するためにカーシェアリングを利用してみることにしました。
我が家の周辺では、タイムズとエネオスのカーシェアリングが利用できるのですが、
まずは、エネオスのカーシェアリングを利用してみることにしました。
入会から実際に使ってみての感想を書いてみようと思います。

入会手続きはスマホが便利かも。

2022年4月29日に車を使いたいのに、ギリギリまで何もしない我が家。
ゴールデンウィークに入ってしまったら、会社がお休みになってしまい、入会手続きが滞ってしまうおそれもある!と思い、(いや、ギリギリまで何もしない私が悪いんですよ?会社のせいではありません)

4月28日の朝7時台に、主たる運転者になる出勤前の夫を捕まえといて、手続きをしました。(笑)

手続きには、主たる運転者の免許証とクレジットカードが必要になります。

私は、手続きのほとんどをChromebook(クロームブック)で行ったのですが、
免許証の写真を撮る必要があるので、なんならスマホのほうが楽かもしれません。

驚いたのが、OCR(文字読み取り機能)のすごさです。
免許証の表と裏の写真を撮って、送信すると、
名前や住所や、免許証番号などなど、手続きに必要な事項が自動挿入されます。

Lukia_74

Lukia

どうしてもとはいいませんが、できれば29日に使えるよう、今日申請が通りますように!

なんて都合のいいことを思いながら、入会手続きを済ませたのでした。

運転者が追加できると書いておいてほしい

本当は、私の免許証とクレジットカードを使って、入会手続きを行いたかったのですが、
「運転者」のそれらじゃないとダメ!(保険が利かなくなる)と勘違いしてしまい、
運転者である夫名義で手続きを行いました。

何が困るかというと、家計に関するクレジットカードは私名義なので、
そこからお金が落ちるようにしたかったのです。

でも、運転するのは私ではなく、夫なので、なにかあったとき、
被保険者でない人が運転していたとあれば、保険が適用されないなんてことになりますよね。
まぁ、後でお金のやりとりすればいいか〜。と思いましたが、ワンストップじゃないのにモヤモヤしていました。

その後、車の使用申込みの段階で、運転者の追加ができることがわかりました。

Lukia_74

Lukia

レンタカー同様、カーシェアリングも入会手続きの段階で、運転する可能性のある人をばばっと登録させて、お金はどの運転者のクレジットカードから落とすか。というような聞き方をしてくれたら、わかりやすかったのにな。

と思います。

アプリで利用手続きを行う

さすがに28日中とはいきませんでしたが、29日には手続き完了のお知らせがきました。
アプリをダウンロードして、利用手続きを行いました。
かなり切羽詰った状態で手続きを行ったからかもしれませんが、車種は選べませんでした。
前もって、使える車種がわかっていると心の準備ができますよね。

フリーダイヤル使いまくった

アプリでは、使用日時、使用時間と保険の種類を入力すると、見積金額が表示されます。
ふむ。このぐらいかかるのね。と思っていたら、
超過距離にかかる料金のことと、初回無料キャンペーンについての疑問が生じました。

まず、超過距離にかかる料金は、シチュエーションが設定されていないので、文だけではわかりにくい。
入会したての人宛のメールなら、初回無料キャンペーンやってます!の一言が書いてあったらいいのだけれど、特に何も書いてありません。
夫が、「なんか、初回無料キャンペーンやっとるんと。(うちは)無料になるん?」と聞いてきますが、私にそんな情報は、届いてないぞ!と。

というわけで、フリーダイヤルにて問い合わせることにしました。

Lukia_74

Lukia

入会手続きを終えた人は、ほとんど「1」に該当しますので、フリーダイヤル+「1」で覚えておくといいと思います。

何しろオペレーターの方々は、それぞれ親切丁寧。
24時間対応できるようにしておくのだろうから、大変だろうなぁ。と思います。

超過距離にかかる料金のことも教えてもらったし、初回無料キャンペーンについてもわかりやすく教えていただきました。

運転中もナビのことでわからないことがあって電話したり、
最後の返却手続きで手間取ったときも、電話して教えてもらいました。

レモンのライン
次回は、超過距離にかかる料金の計算などをご紹介します。

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日進月歩

Posted by Lukia_74