Googleのオフィスソフト、かなり使ってます Chromebook(クロームブック)C214MAを2年使ってみた。

日進月歩

「Googleのオフィスソフト、かなり使ってます Chromebook(クロームブック)C214MAを2年使ってみた。」のアイキャッチ画像
読了時間: 約340

2019年6月にASUSのChromebook(クロームブック)、C214MAを購入してから、丸2年が経ちました。
この2年間、不満な点はまったくなく、快適に使っています。
機種というよりも、Chromebook(クロームブック)自体は、安価でシンプルだけど使いやすいので、購入検討をなさっている方にはおすすめしたいと思います。

ASUSのChromebook(クロームブック)C214MAの詳細な情報はこちら

LibreOffice(リブレオフィス)もオススメです。

再受験生だったころ、不注意でノートパソコンにお酒を飲ませてしまい、再起不能にしてしまったことがあります。
再起不能にしてしまったショックも大きかったですが、
さらに打ちのめされたのは、翌日から勉強に支障が出たことでした。
というのも、パソコンを使って、自作のドリルやまとめノートを作成していたので、
ある意味、生活必需品を失ったことを意味していました。

とはいえ、当時無職ですから、新たにノートパソコンを買うだけの金銭的余裕はない。
そこで、ひとまず2〜3万円のスティックパソコンを買いました。
こんなに安価なのは、WindowsのOSしか入っておらず、ストレージやスペックも低いパソコンだったからです。

おそらくもうこのときには、Googleのドキュメントやスプレッドシートの存在を知っていたので、
(なんなら、自作ドリルやノートは、GoogleDriveに入れてて助かったと推定できる)
ひとまず、パソコンさえあればなんとかなる。と考えて、購入したのだろうと思います。

実際には、Googleのオフィスソフトでは、差し込み印刷ができなかったので、
ネット検索をして、無料のオフィスソフト、LibreOffice(リブレオフィス)に出会いました。

マイクロソフトのオフィスは、使いこめば値段だけのことはあるという機能があるのでしょうが、
私レベルの使い方では、LibreOfficeはマイクロソフトのオフィスと全く遜色なく、使うことができました。
マイクロソフトオフィスユーザーとのファイルの共有の必要がないなら、
これでいいじゃん!って感じでしたね。

ただ、残念なのはダウンロードタイプなんですよね。
ウェブアプリじゃないので、Chromebook(クロームブック)では使えません。

Googleのオフィスソフトも活用しています。

今の私にとって、Chromebook(クロームブック)は、大画面で、キーボードがついた大きなスマホ。という位置づけなので、自分の定位置から半径1メートル以内に置き、何かといえば、すぐに手を伸ばして使っています。

かなり気軽に使えるので、Googleのオフィスアプリ、ドキュメントやスプレッドシートをめちゃくちゃ使っています。

Lukia_74

Lukia

ちなみに、Wordに相当するのがドキュメントで、Excelに相当するのがスプレッドシートです。
なんなら、PowerPointに相当するスライドなんてのもあります。

特によく使うのはスプレッドシートです。

関数を覚えれば覚えたぶんだけできることが増えますし、
データを変えれば、同じような連続データを簡単に量産できるので、
ブログ記事の作成などに活用したりしています。

また、最近スプレッドシートには、マクロ機能がつきました。
私は、マクロを手で書いたりはできないので、「記録」機能を使っています。
「記録」機能は、言ってみれば、カセットテープ録音とか、ビデオの録画みたいなものですね。
定期的に同じ操作をするなら、その操作を一度だけマクロに記録する。
その後は、「再生」ボタンを押せば、時間のかかる操作が一瞬でこなされます。

Lukia_74

Lukia

私は、毎月末に、スマホの家計簿アプリのカード払いの記録と、クレジットカード会社の支払明細の異同チェックに使っています。

関数によっては、Excelにはあって、スプレッドシートにはない。というようなものもあるようですが、
それはそれ。と割り切って考えればよいことです。
よく使う。とか、知っていると便利。というような関数の多くは、両者に共通してありますので、
思いついたアイディアを逃さず形にするのに、スプレッドシートやChromebook(クロームブック)を使うのは有効な手段だと思います。

レモンのライン

アイディアを霧散させないのがChromebook(クロームブック)

私の場合、Chromebook(クロームブック)を買って最も良かったことは、
思い浮かんだアイディアが、具現化する回数が増えたことです。
明確なアイディアが浮かんでいても、ものによっては、瞬間で消えてしまうとか、形がぼやけてしまうことがあります。
でも、Chromebook(クロームブック)は、開いた次の瞬間には、アプリにアクセスし、アイディアをのせていくことができます。

位置づけとしては、
[mathjax] $$スマホ \lt \lt タブレット \lt Chromebook(クロームブック) \leq パソコン$$
といったところでしょう。

パソコンが「ガッツリハード使い」だとしたら、
スマホは「ちょこっとライト使い」。
Chromebook(クロームブック)は、それぞれの間をとった「ちょこっとハード使い」ができます。
そして、昨今この「ちょこっとハード使い」が求められる場面が増えてきたのではないかと思います。

もちろん、スペックの関係上、Chromebook(クロームブック)ではできないことや苦手なこともありますが、
そこは、デバイスのバラエティに富む現代ですから、それはスペック上位のものに任せればよい。

何しろフットワークの軽さと、機能性の高さを併せ持つデバイスは、
今のところ、Chromebook(クロームブック)をおいてほかにないのではないかと思います。

今後期待することは、Chromebook(クロームブック)ユーザーが増えて、
その認知度が上がることです。
そうすれば、今よりもっとChromebook(クロームブック)にできることも増えるでしょうからね。

Lukia_74

Lukia

増えろ!Chromebook(クロームブック)仲間♪

 

プロフィール

Author Profile
Lukia_74

元・再受験生、元塾講師、元高校非常勤講師。広島育ち。
中・高国語の教員免許を取得するも、塾講師時代は英語や数学ばかり教えていた。
思うところあって大学再受験を決意。理転し、数学Ⅲ、化学、生物を独習する。国立大学へ合格するも、2018年3月に再受験生生活にピリオドを打つ。
モットーは「自分の予定はキャンセルできても、生徒の予定はキャンセルできない」と「主婦(夫)こそ理系たれ」。
広島のお好み焼きとグレープフルーツが大好き。どっちかというと左党。楽しみはひとりカラオケ。
高校で教鞭を取った経験から、現在は「現代文」と「小論文」の指導力アップを目指し、自己研鑽中。最近は趣味として高校数学を解く。

カテゴリー

日進月歩

Posted by Lukia_74