blogger(ブロガー)でGoogle Adsense(グーグルアドセンス) をやってたヤツ、ちょっと来い。(その1)

2018年5月29日日々雑感, 日進月歩「ちょっと来い」シリーズ, 鋭意制作中。

読了時間: 約411

えらそうなタイトルにしちゃって、ごめんなさい。

この記事は、万人向けではないので、
以下の条件に該当しない方は、スルーされた方がいいかもしれません。

  • 以前、Google(グーグル)のブログサービス、blogger(ブロガー)で、Google Adsense アカウントを取った。
  • 今回、あらためて独自ドメインを取り、WordPress(ワードプレス)でブログを書こうとしている。
  • テーマはLuxeritas(ルクセリタス)を使っている。
  • この記事を読んでいるのは、2018年5月より2年未満の経過である。(情報が古くなっているかもしれません。)

4つも条件があったら、結婚相手ならほぼ見つからないでしょう。
ブログを書く人でも、該当者は少ないかもしれませんが、もし参考になるなら幸いです。

また、私はアドセンスやアフィリエイトなどに関しては、初心者なので、
一部感覚的にしか伝えられないところもありますし、知識不足ゆえの勘違いがあるかもしれません。
そこらへんも考慮に入れながらお読みいただけるとありがたいです。

Google AdSense(グーグルアドセンス)アカウントには、2種類ある。

当ブログに、Google AdSense(グーグルアドセンス)を導入したい。と思い、サイトへ飛んでみました。
すると、驚いたことに、私は、すでにアドセンスのアカウントを持っていたのです。

実は以前、blogger(ブロガー)の無料ブログを書いていました。
当時はまだ、有料ブログを書く気はなく、Googleアカウントがあれば、blogger(ブロガー)が利用でき、アドセンスも通りやすいなどのメリットに惹かれてのことでした。

しかし、私が持っていたのは、ホスト型アカウントといわれるもので、
blogger以外で、独自ドメインを取得したブログなどにGoogle AdSense(グーグルアドセンス)を導入したいなら、
非ホスト型アカウントとして審査を受けなければならないようなのです。

これに気がついたのは、たまたまでした。

Amazonではねられたので、不安になっていました。

自分が、「ホスト型アカウント」であることがわかるまで、少し時間がかかりました。
Google AdSense(グーグルアドセンス)に挑戦する前に、Amazonアソシエイトプログラムに申請してみたのですが、記事数が足りないとのことで、はねられていました。

ちなみに、Amazonアソシエイトプログラムのアカウントもすでに持っていました。

Left Caption

Lukia

(どんだけやる気だったんだ、昔の私。)

さて、Amazonとのやりとりを総合すると、
「人(アカウント)ではなく、サイト毎に承認を与えている」ので、サイトが情報豊かな状態にならなければ、審査を通過できない。とのことでした。

ということは、Google AdSense(グーグルアドセンス)も一緒かなと思い、Google版知恵袋、フォーラムに質問してみたのですが、
この時の回答者さんは、「承認は、人(アカウント)に与えているので、サイトを追加しても問題ない」と回答してくれました。

Left Caption

Lukia

(そうなのかなぁ。。。)


相談サイトの回答には、「情報が新しくないかも。」というような内容のアラートがついていました。
回答者さんによるものではなく、相談サイトからの注意書きです。

不安をぬぐいされないまま、なぜか発行できるコードをブログに貼り付けてみました。

検索バーを設置したい。

Luxeritas(ルクセリタス)の場合は、「レスポンシブ」の広告コードをウィジェットに貼り付けます。そこが、ほかのサイトとはちょっと違うところで、そのことにも四苦八苦していました。

通常は、(承認されていれば)貼り付けて数時間のうちに広告が表示されるようなのですが、全くその気配がありません。
表示されるまでにかかる時間は数時間から数日なんてひらきがあるらしいので、
ウィジェットで表示される広告のことは気長に待つとして、
検索バーを設定してみようとしたときのことでした。

人に認証が与えられているはずなのに、
「非ホスト型サイトがどうのこうの…」と表示されたのです。

検索バーを設置したい。と思わなければ、いつまでも自分のアカウントの別を理解することなく、もんもんと過ごすところでした。

人は、理解できないものは見えないし、読めない。

Googleが設定した名前、それも英語でつけられた名前を、一部日本語まじりのカタカナ語に置き換えているのだろうから、
これらが何を指すのか、アドセンス初心者がぱっと理解するのは難しい。

一つ言葉を調べようとして辞書を引いたら、その解説文にわからない言葉があって、辞書内をぐるぐるしてしまうようなものです。
(アドセンスのヘルプ記事にはそういうところがあります)

フォーラムに質問するときも、できるだけ具体的に自分の状態を書いたつもりでした。
しかし、ホスト型アカウントと非ホスト型アカウントの別を知らないという致命的なミスがあったので、
回答者さんから正確な回答を引き出せていなかったのでした。

とはいえ、おつきあいいただき、情報を得ては、さらにまごまごしたおかげで解決できたのだから、よしとするべきでしょう。

Left Caption

Lukia

たしかに、人(アカウント)に認証を与えて終わり。ではゆるい気がしますよね。

これだけインターネットが普及すれば、利用者もいろいろです。
アドセンスの審査が厳しくなっている。というのは、
「残念ながらいつまでも性善説でやっていくのは難しい」ということを示しているのでしょう。

えっ、なんで私が承認に?

某進学塾?のキャッチコピーをまねてみました。(笑)

ウィジェットにいつまでも広告が表示されないのは、私が非ホスト型アカウントにアップグレードしていないから。ということがわかったので、検索バーを設置するのも、一時預かりとなりました。

Google AdSense(グーグルアドセンス)さんが、
「検索バーを設置したいなら、まずは、ここに必要事項記入して、審査を受けなさい。」と言ってくれたので、
素直に申請し、コードをブログ内に貼り付けておきました。

承認には1~2日かかるとあったので、それまでにもう少し勉強したり、記事を増やすか~。と思っていたのですが、
なんと、数時間後には、承認のメールがきたのです。(汗)

我ながらびっくりしました。

さらにそのメールを受け取って、2時間後ぐらいには広告が表示されていました。

Left Caption

Lukia

審査基準が厳しくなっている。というし、
何度申請しても通過できない人もたくさんいるというのに、
なんだこりゃ。夢か幻か?

「ちょっと来い!」と記事を書き始めたはいいが、長くなったし、個人的には晩御飯の準備をしなければならないので、
明日につづくとさせていただきます。
文字も2600字だから、読むのもしんどいでしょうし。

一応、明日以降の記事では、「なぜ通ったのか」ということを自分なりに考察してみようと思います。

カテゴリー