Googleアナリティクスは、ネットショップ運営者だけじゃなく、ブログ運営者にも役に立つ。

日進月歩そうだったのか!

読了時間: 約42

ここ最近、Googleアナリティクスと、Googleアドセンスのスマホ用アプリを見るのが楽しみです。

記事が増えてきたからか、ページビュー数も伸びてきたので、それらのアプリで数字を見るにつけ、
「はぁ、何人かの役に立てているのかもしれないなぁ。」とうれしくなるのです。

しかし、アプリを入れたからといって、私がそれらのことを完全に理解しているとか使いこなせているとかではありません。
むしろ、まだまだわからないことだらけです。

一応、どちらもブログを運営していくうえで、だいじなものだ。という理解はあるのですが、
いまひとつ、核心にせまるとか、本質をつかむという域には達していません。

しかし、今日、突然、そのきっかけになりそうなことに気が付いたので、
ちょっと書いてみようと思います。

最近は、スマホ用アプリでチェックしています。


ブログを開設したばかりのころ、「まずはアナリティクスを導入しましょう!」というアドバイスがあちこちで見られたので、素直に導入しました。

しかし、Googleアナリティクスで何ができるかは、ほとんどわかっていませんでした。
名前から、「何かの分析ができる」ことぐらいはわかっていたのですが、
何のための分析か、どういう用途か、どんな人の役に立つのか。などはまったくわかりませんでした。

もしかしたら、「Googleアナリティクス導入」をアドバイスしてくれたネット上の諸先輩方は、Googleアナリティクス導入の目的を教えてくれていたのかもしれませんが、
ブログ開設に四苦八苦していた私の耳目には入ってこなかったのでしょう。

実際、ブログ開設当初は、Googleアナリティクスのページに飛ぶなんて余裕もありませんでしたが、
ブログ自体に慣れ、少し記事が増えてくると、読者さんの反応が知りたくなって ちょいちょい見るようになりました。

そのうち、GoogleアナリティクスにもGoogleアドセンスにも、スマホ用アプリがある。ということを知ったので、ダウンロードして数字をチェックするようになりました。

まずは用語の意味調べから。

アナリティクスにしてもアドセンスにしても、
ほとんどの用語が英語からカタカナ語に訳してあるだけなので、意味がよくわかりませんでした。
また、ブログを開設してしばらくは、記事更新や設定そのものに四苦八苦していたので、
これらカタカナ語の意味を調べるような余裕もありませんでした。

最近ようやく、少しだけ余裕ができたので、気になるカタカナ語を見つけたたんびに、ひとつずつ用語をググって、理解しています。

また、Googleアナリティクスに関しては、Googleアナリティクスアカデミー という、アナリティクスを勉強できるサイトがあります。

Googleアドセンスにもそのようなアカデミーがあればよいのですが、今のところ、単独のアカデミーは見つけていません。
しかし、Googleデジタルワークショップの広告に関するコースが、アドセンスの勉強に該当するのではないかと推測しています。
どちらも、勉強したいけれど、数学検定の勉強と、記事更新に気持ちが取られて、まだ時間は取れません。

とはいえ、漠然とアプリを眺めているのはもったいないので、
疑問に思った用語に出会うたびに、ググり、関連する記事をいくつか読んで自分なりにまとめて、急場をしのいでいます。

今日は、Googleアドセンスの「ページRPM」と「インプレッション収益」の違いなどを調べて、なんとなく理解できたのですが、
そこでふと、Googleアナリティクスのほうにも、円の記号(¥)があることが気になりました。

Left Caption

Lukia

Googleアドセンスにある数値が、
Googleアナリティクスでは見られないのはなぜだろう・・・

少ない金額ながら、いくらか収益が発生しているのに、Googleアナリティクスでは0円ばかり。
いったいどういうことなのか・・・と不思議になりました。

コンバージョンとか、eコマースとか明らかにお金と関係ありそうな項目で、0円がずっと並んでいるのです。

スマホ用アプリでは、画面の制限があるので、いろんなデータをいっぺんに見ることはできません。
そこで、パソコンでGoogleアナリティクスのページを表示して、しばらくぽけ~っと眺めていました。

Googleアナリティクスアカデミーの初級編の1を見たぐらいなのですが、その講座の内容をぼんやり思い出しながら、ある仮定が頭に浮かびました。

もしかして、Googleアナリティクスは、ネットでモノやサービスを売りたい人向けなのでは?

Left Caption

Lukia

もしかして、Googleアナリティクスは、ネットでモノやサービスを売りたい人向けなんじゃないの?

この仮定が頭に浮かんだことによって、ぽけーっと眺めていたデータの見え方が少し違ってきました。

データ わかること・するべきこと
ユーザー(顧客)は何人? 来てくれる人が多ければ、それだけモノが売れる可能性も出る。
どの国から来てる? 多言語対応の必要性の有無
何時ごろによく来てる? タイムセールのうち時がわかる。
新規ユーザー・リピーターの数は? 顧客数の増加
何分ぐらいいてくれてる? 回遊率を上げて、購買につなげる。魅力的なサイトづくりができているか。
どんなブラウザ・デバイスを使っている? 見やすく、居心地のいいサイト作り
どうやって来た? 検索キーワードの工夫、SNSを使った発信など
どのページが稼いでいるか 売れ筋商品の把握・購買につなげる努力

なるほど、ネットショップは、インターネットにつながってさえいれば、理論上は世界中に顧客(ユーザー)がいることになります。
自分が提供したいモノやサービスが、必要としてくれる人に適切にわたるようにするために、分析する必要があるわけです。

私のアナリティクスのページで、気になっていた「0円」は、上の表の「どのページが稼いでいるか」という項目でした。
「0円」なのは当然で、「私がモノやサービスを売っていないから」なのでした。

本当は、Googleアナリティクスが解析してくれることは、こんなもんじゃないのでしょうが、
ひとまず、私のつたない経験から思い返しただけでも、上の表ぐらいのデータを無料で解析してくれるのは間違いありません。

ネット上の諸先輩方が「Googleアナリティクスを導入しておきましょう。」と言っていたのは、
ネットショップを開くんじゃなくても、大量に得られるデータがブログ運営のよい指標になるとわかっていたからだったのですね。

私も、声を大にして言いたい。

Left Caption

Lukia

ネットショップを開くんじゃなくても、
Googleアナリティクスを導入して、ブログ運営に役立てましょう!

カテゴリー